営業マンが人事をやってみた(初面接日記)

  • 2020年8月27日
  • 未分類

今日は初めて後輩になる人の面接を行った。

応募者は
23歳(男)でバイタリティがあって、
話すのもうまいから、営業には向いている。
(正直受け答え特に「話す」だけなら自分よりも上手いなと思った)

応募先や業界のこともよく理解している。

多分、この人なら何社か内定は取れそうだ
というような人だった。

(ちなみに今回採用を狙っているのは第二新卒。ポテンシャル採用)

上司も面接に同席していたのだが、 結構気に入っているようだった。
が、自分は面接終了後に感想を聞かれて、

「一言で言うと、

 良い人だけど、なんか決め手に欠ける」

  と、伝えた。

なんでそう思ったかと言うと、面接の中で

「今の会社の良いところ・悪いところを教えて下さい」

という質問の回答に対して、

「成長できる環境じゃないなと思ったので退職を決めました」
と言っていたからだ。

深く理由を聞いてみると、

「たしかにそれはキツいな、辞めたくなるのはわかるな。」

というような、共感できる理由ではあった。

が、

「その環境を選んだのも自分でしょ?」
「なに環境のせいにしてるの?」

と、自分は思った。


そこが引っかかっているので、自分個人の中では不採用。

ただ営業部(上司)としては気に入ったみたいなので、
とりあえず一次面接は合格ということになった。

ま、いいか。

多分、採用にはならない。

多分じゃなくて絶対にしない。(自分が)

たった一言でも引っかかる言葉を発してしまうと
それだけで不採用になるので、みんな気をつけてね(勿論自分も)

多分、多くの企業は
「この応募者は面接も経歴も良いじゃん!採ろう!」
と、論理的な、表面的な部分で判断で採用して失敗しているんだと思う。

なので自分は、
「いや、能力も経歴もあまり良くないじゃん、、、」
「というかこの人で、大丈夫?」

「でもなんか、良いんだよな〜」
「あの人のこと気になるんだよな〜」

っていうような人を、直感で採用しようと思ってます。

【素直】
【喋りは下手でも、きちんと自分の考えを伝えられる】
【規模は大きくなくても、目標に対して自分で工夫をして達成したこと】

この3つができる人ならそれでOKかな。

※ちなみにこの3つは、今日の面接で求職者から
 「どんな人材を求めていますか?」という質問があって、
 自分は答えられずに、上司に返答をパスしたので
 反省の意味もあって、ここに書いとくw

明日は対面での面接予定も入っているので、

その面接もどうだったか、書き綴ろうと思う。

採用って難しいけど、結構楽しいね。

面接の中身には直接関係ないが、

zoomでのWeb面接、一次面接程度なら十分だった。

途中、音が途切れることがあったけど、

聞き返せばOKだしこれは、転職も気軽にできます。

てゆうか自分も転職活動中で、そっちも忙しいなぁ

てゆか、これで採用しちゃったら、辞められないじゃん…

採用って合否はどちらにしたとしても

人の人生を左右する、責任あるお仕事ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です